世界に一つだけの椎葉 椎葉村公式note

日本三大秘境の一つ、宮崎県椎葉村(しいばそん)の公式noteです。

世界に一つだけの椎葉 椎葉村公式note

日本三大秘境の一つ、宮崎県椎葉村(しいばそん)の公式noteです。

マガジン

ウィジェット

リンク

椎葉村を紹介してくださりありがとうございます!

椎葉村について触れてくださっているnoteを集めました。

くわしく見る

九州の秘境 椎葉村

九州の山奥の秘境、椎葉村を訪れました。 この地には壇ノ浦の戦いで敗れた平家がこの地に逃げ込んだ、いわゆる平家の落人(おちうど)伝説があります。 そして、追っ手の那須大八郎率いる源氏一行がこの地まで追いかけて来たが、大八郎は平家の鶴富姫に恋をして、二人は結ばれたそうです。 源氏の兵の多くはこの地にとどまったそうで、村人の20%が那須姓とのことです。 大八郎は平家のために、厳島神社を構築しました。 立派な鶴富屋敷もあり、建立後300年になるそうです。 正式には那須家住宅とされ、長

スキ
3

椎葉村

宮崎県椎葉村  日本のマチュピチュとも呼ばれるこの街に移住した村上さん Nishikigoi NFTが縁で知った「椎葉村」。 そこに移住した村上さんの体験記を読んでみた 逞しさ これは山古志の竹内さんも かっけぇ父ちゃん、母ちゃんの話をする時よく使う。 自分なりに気になった言葉たち @初めて集落の新年会は、もしかして村上さんの結婚式か(紋付袴で出席) @百姓とは職業でなく、生き方 @人と人とは分かり合えないものと始めるちょうど良さ @繊細さと図太さの使い分け @人はいつ

スキ
5

【ルームツアーvol.12】日本三大秘境椎葉村の絶景を独り占めできる空き家はここ!!

こんにちは!空き家活用株式会社インターンの椛田真彩です! 今回は、なんと!日本三大秘境の絶景を独り占めできる贅沢空き家物件をご紹介! 場所は宮崎県椎葉村! 椎葉村ってどんな街?? YouTube本編では椎葉村の町ブラロケも見れちゃいます! ぜひ合わせてご覧ください! 十分なスペースのある玄関を入ると… 6帖程度の洋室のお部屋! 両隣にお家がないので、窓からは緑を一望!少し騒がしくしても大丈夫そう! お子様のいるご家族や、楽器をやりたい人におすすめしたい! 隣には

スキ
8

『Local Natural Environment』を伝え・考える Vol.4(先人たちの開拓史)

今回は、日本三大秘境にも選ばれている椎葉村のご紹介です。 仕事の都合で定期的に椎葉村に訪問しています。また、国見岳、扇山、三方山など、静で飛び切り美しい山々もあり休日の山時間でも楽しませていただいております。 冒頭にも記載しましたが、『秘境』と言われるがごとくアプローチは消してよい方ではありません。過去に比べれば断然良くはなっているようですが。 そもそも『日本三大秘境』とは、日本の自然や文化が残る離れて地域の事で、岐阜県の白川郷、徳島県の祖谷、宮崎県の椎葉村とされています。

スキ
17

椎葉村みんなのnote

椎葉村のみなさんが椎葉について書いたnoteをご紹介します。

くわしく見る

【椎葉ラボプロジェクトオーナー紹介】ローカルビジネスで、地方を夢が実現する場所に:下竹重則さん

椎葉村で新たなローカルビジネスに取り組むチャレンジャーを応援する『チャレンジ・応援!椎葉ラボ』では、椎葉村をフィールドに自分でプロジェクトを立ち上げて楽しみながら活動する村内外の方を『プロジェクトオーナー』としてサポートしています。 今回の記事では、令和5年度のプロジェクトオーナーである下竹重則さんの取り組みを紹介します。 プロフィール名前:下竹 重則(しもたけ しげのり) 出身地:鹿児島県枕崎市 居住地:鹿児島県枕崎市 プロジェクト:サステナブルクラフトビール 下竹重

スキ
4

『椎葉ラボ』発のスモールビジネスが誕生! ゆずビール・物産・ワンコイン丼で「やってみたい」を形に

椎葉村で新たなローカルビジネスに取り組むチャレンジャーを応援する『チャレンジ・応援!椎葉ラボ』では、椎葉村をフィールドに自分でプロジェクトを立ち上げて楽しみながら活動する村内外の方を『プロジェクトオーナー』としてサポートしています。 今回の記事では、2024年3月3日に開催された『椎葉でこんなことやりました報告会』の様子をお伝えします。 忘れてはいけない「自分がやりたいから」という動機まずはじめにゲストスピーカーとして登壇したのは、日々とデザイン株式会社の甲斐慶太朗さん。

スキ
1

【椎葉ラボインタビュー】日本三大都市・名古屋に日本三大秘境・椎葉村の文化を!? 椎葉美耶子さん

椎葉村で新たなローカルビジネスに取り組むチャレンジャーを応援する『チャレンジ・応援!椎葉ラボ』では、椎葉村をフィールドに自分でプロジェクトを立ち上げて楽しみながら活動する村内外の方を『プロジェクトオーナー』としてサポートしています。 今回は、令和5年度からプロジェクトオーナーとして活動している椎葉美耶子さんを取材しました。 プロフィール名前:椎葉 美耶子(しいば みやこ) 出身地:岐阜県 可児(かに)市 居住地:愛知県 名古屋市 プロジェクト:椎葉のグルメを通して村の魅力

スキ
9

(最終回)第36回積読読書会告知+第35回積読読書会レビュー

最初に申し上げておきます。 次の「第36回積読本大賞」は、こうしてオンラインで小宮山剛が毎月開催する積読読書会としては「いったん最後」です。 積まれよ、さらば救われん・・・ まるっと3年間積読読書会をオンラインで開催し続けてきまして、延べ(リピーターの方も重複カウントすると)251名の方にご参加いただきました。計何冊積んできたんだろう・・・。一回につき何冊もご紹介くださる方もいらっしゃいますので、すくなくとも300冊の積読さん達と出会ってきたことになります。 次回(最

スキ
11

椎葉村情報誌「ONLY ONE Shiiba」

椎葉村の人と暮らしを伝える情報誌「ONLY ONE Shiiba」のウェブ版記事や、冊子バックナンバーのお申し込みはこちらです。

くわしく見る

椎葉平家まつり 二日目 【後編】

 法楽祭の余韻に浸りつつ、椎葉小学校のグラウンド駐車場で車中泊した翌朝。(車中泊する人は結構います。村内のお宿が満室で宿泊をあきらめている方にはおすすめの平家まつりの楽しみ方ですよ。)  七時前に駐車場担当の方々が集まって朝礼が始まりました。二日目も安全にスムーズに、来場者の皆さんがまつりを楽しめるよう打合わせをして、それぞれの持ち場へと散って行かれました。ここにもたくさんの縁の下のカ 持ち。 「ありがとうございます」 そう呟かずにはいられません。 「やや、 ここは戦場か

スキ
8

椎葉平家まつり 一日目 【前編】

 ようやくこの日が帰ってきました。誰もが待ち望んだ日、四年ぶりの椎葉平家まつり。  上椎葉の谷間に人が満ち、色とりどりの装いに通りが華やぐ、夢のような二日間。  裏方さんたちの頑張りを中心に、ちょっと視点を変えて見た祭りの横顔を、時間を追ってご紹介します。  田んぼの稲刈りも一段落し、山々が黄色く色づく頃、椎葉の役場周辺はにわかに活気付いてきます。  まつり本番の約二週間前、椎葉銀座の通りの上に大きな横断幕が掲げられます。  各所に貼られたポスター、通り沿いの店や家の軒先

スキ
5

今年の焼畑

八月十六日、 勝さんの山では、今年も変わることなく焼畑がおこなわれました。 世界にさまざまなことが起こっても、起こらなくても、ずっと続けられてきた営み。 今年の煙、クニ子おばあは空の上から見てくれたことでしょう。

スキ
3

不土野のほうれん草

 ほうれん草が育つほど、椎葉の夏は涼しい。標高約650メートルの不土野地区に、那須貴文さんのほうれん草ハウスがあります。  栽培するのは五月から十月の半ば頃まで。種まきから収穫のおよそ四十日を一サイクルとし、それを半年間繰り返していきます。  空が明るみ始める朝六時には、収穫が始まります。ハウス一面にぎっしりと生える青々としたほうれん草。このシャキッと元気な状態を保ち続ける裏には、ほうれん草農家の丁寧な手仕事があります。  奥さんの尚美さんが行うのは、出荷の調整作業。下葉

スキ
11

協力隊活動日記

椎葉村地域おこし協力隊メンバーが、日々の活動のレポートや椎葉村について勉強した内容を書き連ねます。

くわしく見る

【現役協力隊ミッション紹介】秘境のインタープリター~椎葉の魅力を翻訳します~

日本三大秘境の椎葉村で、地域おこし協力隊はどんなことをしているんだろう? 「秘境」って、とても惹かれる言葉だけれど、同時に不安にもなりますよね。 お問合せでも「椎葉の隊員はどんな人がどんな事をやっているの?」と良く聞かれます。 椎葉の特徴は、ミッションがとてもユニークで、OBOGとの連携もあり、とても賑やか。 そんな椎葉村の魅力ある隊員達を紹介し、少しでも椎葉村地域おこし協力隊に興味を持っていただけたらと、隊員インタビューをシリーズとしてご紹介します。 今回お話を伺った

スキ
4

【現役協力隊ミッション紹介】移住コンシェルジュ~皆様のお越しをお待ちしております~

日本三大秘境の椎葉村で、地域おこし協力隊はどんなことをしているんだろう? 「秘境」って、とても惹かれる言葉だけれど、同時に不安にもなりますよね。 お問合せでも「椎葉の隊員はどんな人がどんな事をやっているの?」と良く聞かれます。 椎葉の特徴は、ミッションがとてもユニークで、OBOGとの連携もあり、とても賑やか。 そんな椎葉村の魅力ある隊員達を紹介し、少しでも椎葉村地域おこし協力隊に興味を持っていただけたらと、隊員インタビューをシリーズとしてご紹介します。 今回お話を伺った

スキ
17

【協力隊活動日記】地域おこし協力隊インターン

 地域おこし協力隊にはインターン制度があり、2週間以上3カ月以内で椎葉村に滞在することが可能です。インターンをすることによって、椎葉村へ地域おこし協力隊として移住することを考えている人が、椎葉村の雰囲気が自分に合うかを確認したり、業務内容が自分の求めていることに近いのかを確かめたりすることができます。  そんなインターン制度を活用して、2023年12月に4人の方が椎葉村に滞在されました。  インターン期間終了後にはレポートという形で、インターンで行ったことを整理して報告し

スキ
7

【協力隊活動日記】鞍岡大好き女子会

 筆者は「日本で最も美しい村」連合アンバサダーを拝命しておりますが、その「日本で最も美しい村」連合の活動拡大のために、近隣町村と連携をして何か取り組みをしていけないかと考えています。  その第一歩として、椎葉村のお隣の五ケ瀬町鞍岡で活動されている「鞍岡大好き女子会」さんに視察に行ってきました。  鞍岡大好き女子会さんは2017年11月に発足された会で、五ケ瀬町の鞍岡地区に住む女性の皆さんがゆるく参加されている組織です。  そんな鞍岡大好き女子会さんの定例会にお邪魔したの

スキ
3

椎葉の「求人」

椎葉村の求人情報をお知らせします!

くわしく見る
  • 11本

令和6年度地域おこし協力隊募集オンライン説明会を開催します

椎葉村では令和6年度4月採用の地域おこし協力隊を募集します。 椎葉村の地域おこし協力隊は「ミッション型」と言われるもので、村の中で需要が大きく、地域おこし協力隊卒業後も継続して仕事になりそうなものを「ミッション」として募集しています。 この「ミッション」と応募者様のやりたいことが重なれば、やりたいことのみに集中できる3年間の任期になると思います。 各ミッションの内容については、SMOUTに掲載予定のそれぞれの募集記事をご覧ください。 少しでも興味を持たれた方は、ぜひオ

スキ
3

【地域おこし協力隊】秘境de農業のパンフレットができました!

椎葉村地域おこし協力隊のミッションの1つに『秘境de農業』があります。椎葉という山あいの高冷地では、ビニールハウスで育てるミニトマトやホウレンソウ、花き栽培が盛んです。 『秘境de農業』では、協力隊の任期3年間のうちに指導農家さんのもとで研修を受けながら、任期終了後の新規就農に向けて、椎葉村役場の農林振興課のバックアップのもと活動していきます。 やる気があれば未経験でも大丈夫。ゼロからでも就農を目指せる設備や制度が整っています。興味のある方はぜひ下記のパンフレットをご覧く

スキ
10

【YAMAP×椎葉村】求ム、YAMAPひげ隊長の弟子。秘境のインタープリター募集!

**このミッションの募集は終了しました** 1.秘境のインタープリター*とは1)株式会社ヤマップ*専属ガイドの「ひげ隊長」から指導を受けて1人前のインタープリターになり 2)椎葉村内でアウトドアアクティビティの開発にチャレンジする 椎葉村地域おこし協力隊のミッションです。 開発するアクティビティはあなたの個性やスキルに応じて、好きなジャンルにチャレンジすることができます。 【想定しているアウトドアアクティビティ】 九州脊梁山脈・・・ハイキング、トレイルランニング 小丸

スキ
16

【地域おこし協力隊】’蜂’から’∞’を生む番人

  椎葉村は96%が森林であり、その広大な森林を活かして、趣味の一環で養蜂を楽しまれている方が多く、多様な木々の花での日本ミツバチの採蜜により「百花蜜」として販売などもされています。  山深い森林公園をミツバチの楽園として百花蜜の木々の植栽や管理をしながら、巣箱を設置して養蜂を行い、販売や加工品の開発などでの活用を含めた地域活性化に地域おこし協力隊として取り組むミッションです。 募集内容の詳細は、移住情報サイト「SMOUT」でもご紹介しています。 https://smout

スキ
9