世界に一つだけの椎葉 椎葉村公式note

日本三大秘境の一つ、宮崎県椎葉村(しいばそん)の公式noteです。

世界に一つだけの椎葉 椎葉村公式note

日本三大秘境の一つ、宮崎県椎葉村(しいばそん)の公式noteです。

    マガジン

    • 椎葉へ「UIターン」

      • 9本

      椎葉村へUIターンした人にお話を聞きました。

    • 椎葉の「こえ」

      • 9本

      椎葉村のみなさんにインタビューをしてみました。

    • 椎葉村みんなのnote

      椎葉村のみなさんが椎葉について書いたnoteをご紹介します。

    • 椎葉村を紹介してくださりありがとうございます!

      椎葉村について触れてくださっているnoteを集めました。

    • 椎葉の「求人」

      • 9本

      椎葉村の求人情報をお知らせします!

    ウィジェット

    リンク

    椎葉へ「UIターン」

    椎葉村へUIターンした人にお話を聞きました。

    すべて見る
    • 9本

    【移住者インタビュー】住んだことで触れられた秘境の文化

    来るたび「徐々に」 今回は、椎葉の子ども達に大人気、ALTのジュリーさんに話を伺いました。 椎葉村の小学校・中学校・交流拠点施設Katerieで英語を教えています。 お名前はジュリー・マリー・デュロ(Julie-Marie Duro)さん。 ベルギーのご出身で、高校で英語とフランス語の教師をしていました。他にも、写真美術館のアクティビティーで、子どもから大人まで写真の事を教えていたそうです。 大学で「哲学」を専攻していて、写真の哲学について学ぶうちに興味を持ち自ら撮り始

    スキ
    2

    【移住者インタビュー】移住に大切なのはスペックよりもフィーリング

    自分にしか出来ないこと 今回は椎葉村の地域おこし協力隊OBで、現在「合同会社ミミスマス」の代表を務める上野諒(りょう)さんからお話を伺いました。 上野さんは2017年7月に、地域おこし協力隊の「秘境de農業」というミッションで椎葉村へ移住しました。 宮崎県宮崎市出身で、大学進学を機に上京しますが、就職後に配属先が宮崎市になり、図らずもUターンすることになります。 会社勤めの中ではストレスを感じることも多く、当時釣りや登山にハマっていたこともあって、自然を求め移住を考えだし

    スキ
    10

    【Uターン者インタビュー】椎葉はいつだって歓迎してくれる

    「いつか帰りたい」と「一度帰ってきたら」 今回お話を伺ったのは、椎葉村の耳川広域森林組合椎葉支所で働く、共にUターンで同級生の尾前さくらさんと那須謙二郎さんのお二人です。 椎葉村には高校がなく、中学卒業後は村外で進学します。 さくらさんは尾前地区出身。中学卒業後、小学校で始めたという剣道が強い高千穂高校へ。3年間部活動に打ち込み、卒業後は自衛隊に入隊。通信手として活躍されました。 入隊4年目の昇進のタイミングで、以前から思っていた「いつか椎葉に帰りたい」という気持ちが強く

    スキ
    2

    【移住者インタビュー】Jターンで役場職員に。秘境歴3年目で見つけた小さな幸せ。

    今回お話を伺ったのは、椎葉村役場の地域振興課にお勤めの松田健太郎さんです。 松田さんは宮崎県日向市出身の28歳、愛称「マツケン」として村の皆さんから呼ばれているそうです。 マツケンさんは、宮崎県内の高校を卒業後東京の大学に進み、その後東京で1年働きUターン。延岡で1年働いた後、専門学校を経て椎葉村役場に入庁しました。 そんなマツケンさんに「椎葉村について、初めに抱いていたイメージは?」と尋ねてみると、 「小さい頃から『椎葉はとにかく遠い!』と聞いていたように思いますが、

    スキ
    4

    椎葉の「こえ」

    椎葉村のみなさんにインタビューをしてみました。

    すべて見る
    • 9本

    東京→シンガポール→タイ→椎葉村。世界を股にかける移住女子も驚く”想像を超えた山暮らし”

    2021年度、椎葉村は第6次長期総合計画づくりを行っています。 この記事では、計画づくりの中で行った住民インタビューをもとに、 一人ひとりの椎葉村への思いをまとめ、皆さんにお届けします。 今回は、2020年7月に椎葉村へ移住してきた和田真由美さんにお話を伺いました。 和田さんは、椎葉村のふるさと納税業務を受託している企業、株式会社ディ・シィ・ティへの転職をきっかけに椎葉村へ移住してきました。 これまで住んだことのある場所は、千葉、東京、横浜、神戸、シンガポール、タイ!な

    スキ
    17

    山で働き、山で遊ぶ。秘境にUターンした20代男子が愛する"唯一無二"な椎葉村

    お話を伺ったのは、椎葉村内の林業会社に勤めている尾前翔平さんです。 翔平さんは、現在26歳。 椎葉村の尾向地区出身で、高校進学を機に村を出てから、大学、そして1年間の林業学校を経て、株式会社尾前林業に就職しました。 椎葉に戻ってきて5年目の、貴重な椎葉ネイティブの20代です。 そんな翔平さん、味のあるかっこいいデニムジャケットが印象的ですが、 なんとこれ、職場から支給されている作業着なんだとか。素敵! 今回は、翔平さんが椎葉村に戻ってきた理由や、林業という仕事のこと

    スキ
    20

    椎葉にある良きものを、なくしたくない。若手事業継承者が300年先につなげる未来へのバトン

    今回お話を伺ったのは、有限会社鈴木組の鈴木宏明(ひろあき)さんです。 鈴木組は主に建設業を営む企業です。 3代目の宏明さんは、近年チョウザメを養殖して「平家キャビア」というブランドを立ち上げて製造販売したり、椎葉の特産品「ねむらせ豆腐」の事業継承をするなど、新たな分野にも進出を続けています。 そんな宏明さん、2021年2月に行われたアトツギ甲子園では「キャビアから始まる無くさない世界」と題したピッチ(プレゼンテーション)で、応募者数101人の頂点である最優秀賞を受賞した実

    スキ
    14

    24年ぶりに新村長誕生!黒木村長が描く「住んでよかった、帰ってきてよかった椎葉村」

    2021年度、椎葉村は第6次長期総合計画づくりを行っています。 この記事では、計画づくりの中で行った住民インタビューをもとに、 一人ひとりの椎葉村への思いをまとめ、皆さんにお届けします。 今回お話を伺ったのは、この夏、2021年7月6日より椎葉村長に就任した黒木保隆(くろぎ やすたか)村長です。 黒木村長は、長年椎葉村役場に勤務し、議会事務局長や総務課長などを歴任した後、2011年から今年3月まで副村長を務めました。 そして、24年の長きに渡って椎葉村を率いてきた椎葉晃

    スキ
    43

    椎葉村みんなのnote

    椎葉村のみなさんが椎葉について書いたnoteをご紹介します。

    すべて見る

    台風後の一斉清掃

    今日は、村内の一斉清掃でした。 秋晴れの気持ちのよい作業日でした。 改めて知る台風の影響 私の住んでいる地区では、普段はみんなで峠まで道切り(道の草切)やごみ拾いをするのですが、今回は台風の被害で道が通れなくなっていたり、各家への枝道被害の対応もあり、いくつかのグループに分かれて作業になりました。 男性陣は草切りを、女性陣は刈った草をまとめたり、道路の上の砂利をくわでのけたりしました。 歩きながら、改めて9/18の台風14号の被害状況(の一部)を詳しく知りました。 広

    スキ
    10

    台風14号で失われた、当たり前の日常を取り戻す〜復興へ向けた椎葉村民のレジリエンス〜

    〜記事の最下部に災害義援金の情報を掲載しております〜  全国各地、そして宮崎県内でも猛威をふるった過日の台風14号。椎葉村での被害も、甚大なものとなりました。道路の崩落や土砂崩れなどは、村道・林道を合わせると270箇所以上にのぼり、その他にも農地や山腹、商工業施設などに大きな被害が及びました。その被害総額は、現時点で80億円を超える見込みだといいます。  台風の通過後、すぐに地元消防団による復旧作業が始まり、役場では徒歩による災害調査が行われました。道路には土砂が溢れ、ま

    スキ
    14

    UIターンを生む図書館(クリエイティブ司書Instagramシリーズ)

    今回の「クリエイティブ司書Instagramシリーズ」では、最近いただくことが多い講演・寄稿の内容を少し抜粋してお届けしています。テーマはやはり「UIターンを生む図書館」。 講演などのご依頼を希望される方へは資料をポートフォリオ的にお示しすることもできますので、小宮山剛まで各種SNS等にてご連絡をいただけますと幸いです。クリエイティブ司書の名刺をお持ちでぶん文Bunのメールアドレスをご存知の方は、どうぞそちらへお寄せください。 (椎葉村図書館「ぶん文Bun」の職員としてご対

    スキ
    11

    椎葉村の観光スポットvol.6 椎葉の歴史の奥深さに触れる「椎葉厳島神社」と「民俗芸能博物館」

    椎葉厳島神社と、それに隣接した椎葉民俗芸能博物館は、椎葉村の歴史や文化を知るにはうってつけの観光名所です。上椎葉地区の中心部、以前ご紹介した「鶴富屋敷」のすぐお隣に位置しています。 ▼鶴富屋敷の記事 椎葉厳島神社は、壇ノ浦の戦いで敗れた平家追討の命を受けた那須大八郎が、椎葉の山中に逃げ込み、細々と質素に暮らす平家の残党たちの姿を見て哀れんで、平家一族が拝した厳島神社の守護神を勧請して建立したといわれています。 地域を守る神社として住民に親しまれ、12月の冬祭りでは国の重

    スキ
    3

    椎葉村を紹介してくださりありがとうございます!

    椎葉村について触れてくださっているnoteを集めました。

    すべて見る

    【2022年9月】All for oneでオープンな事業承継を推し進める

    夏があっという間に過ぎて肌寒くなってきました今日この頃。季節の変わり目ですので、みなさんお身体にはお気をつけください。 relayは9月もさまざまなニュースをお届けできることを大変嬉しく思っております。新しいチャレンジ、新たな繋がり。。それでは9月を振り返っていきましょう! relay the local 椎葉村 立ち上げ2022年9月に「relay the local 椎葉村」を開設致しました。 急峻な山々に囲まれた日本の原風景を今に残す村、宮崎県椎葉村で、後継者募集

    スキ
    1

    イベントお手伝い!村のひとたちのあったかさを感じた〜

    ゴールデンウィークに開催された、椎葉銀座さるく「食べ遊びフェスティバル」にて、お手伝い行ってきました。みさこさんのお手伝い。 朝6時半から、売り物の準備のお手伝い。シールを貼ったり、会場の机を準備したり。 9時から始まったフェスティバルは、たくさんの方がいらっしゃっていました。素敵な出会いがたくさん。(地元のひとはみんな顔見知りだったの、さすがだなぁと思った。前を通りかかったひとに「◯◯さん!この間の〜〜はどうだった?」など) みさこさん、わたしのことを「孫!」と笑って紹

    スキ
    3

    草が草じゃなくなった話

    わたしはいま宮崎県椎葉村という日本三大秘境に来ています。 (前回のnoteもぜひ〜!) 先週末に、村のお母さんに山菜について教えてもらうイベントがあったので それに参加したことつらつら書いてみる〜 こんなことしてきたわたしは山菜に関してはまったくといっていいほど知識がない。ああ〜、聞いたことある、くらいで、どれがどれかなんて知らないし、正直興味もなかった。 でもせっかくだったら行きたいなぁ〜と思って、申し込んでみた。 当日の参加者は11名。概要の説明を受けて、雨が降りそう

    スキ
    5

    椎葉厳島神社参拝と平家物語🌸🌸🌸20220326🌸🌸🌸

    昨日の朝は春の嵐のようだった。 気になっていた平家落人の里 九州山地の山奥、椎葉村へ向かった。 近頃、平氏の話をよく目にするので、とても行きたかったのです(*^^*) るるさん😆行ってきたよ~❇️❇️❇️ こみやん😆行ってきたよ~❇️❇️❇️ ただ歩く動画🤣雨の降り具合をどうぞ😊 浄化の雨☔だろうか・・・ 沢山降っているけど優しいな ありがとうとつぶやく 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず

    スキ
    26

    椎葉の「求人」

    椎葉村の求人情報をお知らせします!

    すべて見る
    • 9本

    【YAMAP×椎葉村】求ム、YAMAPひげ隊長の弟子。秘境のインタープリター募集!

    **このミッションの募集は終了しました** 1.秘境のインタープリター*とは1)株式会社ヤマップ*専属ガイドの「ひげ隊長」から指導を受けて1人前のインタープリターになり 2)椎葉村内でアウトドアアクティビティの開発にチャレンジする 椎葉村地域おこし協力隊のミッションです。 開発するアクティビティはあなたの個性やスキルに応じて、好きなジャンルにチャレンジすることができます。 【想定しているアウトドアアクティビティ】 九州脊梁山脈・・・ハイキング、トレイルランニング 小丸

    スキ
    13

    【地域おこし協力隊】’蜂’から’∞’を生む番人

      椎葉村は96%が森林であり、その広大な森林を活かして、趣味の一環で養蜂を楽しまれている方が多く、多様な木々の花での日本ミツバチの採蜜により「百花蜜」として販売などもされています。  山深い森林公園をミツバチの楽園として百花蜜の木々の植栽や管理をしながら、巣箱を設置して養蜂を行い、販売や加工品の開発などでの活用を含めた地域活性化に地域おこし協力隊として取り組むミッションです。 募集内容の詳細は、移住情報サイト「SMOUT」でもご紹介しています。 https://smout

    スキ
    7

    【地域おこし協力隊】秘境での居場所をコーディネートする面白さがきっとある!

    今回の募集ミッション 「移住コーディネーター」 今回の募集は、「移住コーディネーター」 椎葉村の「最先端」と「昔ながら」の対極ともいえる環境をアレンジしながら、多様な人々の居場所を創造し、椎葉村のようなところが大事だと、また、面白いと思ってくれる人を呼び込んでくるミッションです。移住してもらうために様々な情報発信や空き家発掘など、移住のための環境整備など椎葉村の環境を活かした移住における様々なアプローチを企画し、主体となって取り組んでいただける方を募集します。 募集内容

    スキ
    2

    【地域おこし協力隊】飛び出す司書 あなたのアイデア、図書館の枠に収まっていますか?

    **このミッションの募集は終了しました** 今回の募集ミッション 「飛び出す司書」 今回の募集は、「飛び出す司書」。 わかりやすく言い換えると、 「司書資格不要! 新設された独創的な椎葉村図書館『ぶん文Bun』を飛び出して、村内各地域や学校に図書の感動を伝えてくれる方募集!」です。 募集内容の詳細は、下記の移住情報サイト「SMOUT」をご覧ください。 これまでの椎葉村地域おこし協力隊椎葉村で地域おこし協力隊の受け入れが始まったのは2015年。 今年(2021年)まで

    スキ
    10