世界に一つだけの椎葉 椎葉村公式note

日本三大秘境の一つ、宮崎県椎葉村(しいばそん)の公式noteです。

世界に一つだけの椎葉 椎葉村公式note

日本三大秘境の一つ、宮崎県椎葉村(しいばそん)の公式noteです。

マガジン

ウィジェット

リンク

椎葉村みんなのnote

椎葉村のみなさんが椎葉について書いたnoteをご紹介します。

すべて見る

【椎葉ラボ講座レポート】地方でプロジェクトを進めるための、お金と戦略の話

「好きなあの人に告白しておけばよかった」 「あの大会にエントリーしておけばよかった」 そんな後悔が、皆さんにも1つや2つあるのではないでしょうか。 長い人生、ちょっとした勇気やチャレンジがあればまた違うものになりそうです。 というわけで、そんな勇気やチャレンジ精神をもって椎葉村でプロジェクトを進める方を応援する取り組みが『椎葉ラボ』です。 当社では、椎葉村役場から委託を受けて椎葉ラボの企画運営を行っています。 今回は、椎葉ラボのプロジェクトオーナーを対象に開催した2回

スキ
2

わくわくを植えよう。『チャレンジ・応援!椎葉ラボ』ってなに?

こんにちは。秘境の山奥からミミスマスです。 突然ですが、いま椎葉村で新たにチャレンジの場ができていることを知っていますか? 今回は、椎葉村役場主催で当社が運営支援をさせていただいている『チャレンジ・応援!椎葉ラボ』について紹介していきます。 地域でのチャレンジを応援することで、村の暮らしをつくりたい今や日本全体の問題でもありますが、地方は特に少子高齢化と人口減少が急激に進行中。 それに伴って地域の商店や旅館も減ってきており、この状況はさらに加速していく恐れがあります。

スキ
2

12/17 自然体験チポリーノ 午後編 @椎葉村Katerie

午後は、親子で集団遊びの時間です。 ぴょんぴょん、ゴロゴロ、コチョコチョ、親子でみんなで笑いながら運動です。 笑い声や歓声を聞ける、この時間が最高です。 みんな楽しんでるな、触れあってるなと分かります。 またまた盛り上がったのは、そり遊びです。 クリスマス前だから、ますますテンションも上がるのでしょう。 乗って、引っ張って、「もう1回! 」 がエンドレスです。 そり初乗りのママも大喜びでした。 1歳のボクは、乗るのもちょっと難しいです。 少ない人数だったからこそ、ボク

スキ
9

第34回積読読書会告知+第33回積読読書会レビュー

2023年12月、忌々しき月です。 積読読書会をはじめた2021年3月27日以来毎月の開催を続けてまいりました。餓鬼のようにしぶとく、サトゥルヌスのように執念深く、続けてまいりました。どんなにほかのイベントが重なろうとどうしようと、僕にとってのライフワークのようになっている「積読読書会」だけは毎月欠かさずに行ってまいりました。 それが、途切れたのです。 凶行というほかありません。忌々しきことです。一体何があったのか。僕はいったい何をしていたのか。溜まりゆくばかりの積読さ

スキ
20

椎葉村を紹介してくださりありがとうございます!

椎葉村について触れてくださっているnoteを集めました。

すべて見る

秘境の文筆家

僕は今村翔吾さんが代表理事を務める一般社団法人ホンミライという団体で理事を務めているんですけれども。先日、ホンミライの新たなプロジェクトが発表されまして。『秘境の文筆家』というものでございます。詳しくはこちらの情報をご覧いただきたいんですが。

スキ
24
有料
100

小説を書いてお給料がもらえる仕事があるよ

すごいニュースが飛び込んできました。 ざっくり書くと「小説を書いてお金がもらえる仕事の求人」です(ざっくり過ぎて間違っていたらすいません)。 小説家を目指している人やデビューして兼業作家の人にとって、一番の悩みは「お金がない、時間がない」だと思います。 僕も小説を書きながら十年以上会社員として働きました。小説だけでは食えないからです。 仕事する時間を執筆に充てられたら傑作が書けると思うのは小説を書く人あるあるだと思います(実際は、時間があったからって傑作ができるわけじゃないん

スキ
57

日本三大秘境 椎葉村 道教ツアー 後篇①

1.椎葉村と平家物語と吉川英治 道教ツアー篇、ついにここに完結!とタイトルを付けたところで、うしろに「①」を足してしまいました。ウマレテ、スミマセン、と駆け落ちした女と心中を計って自分だけ助かってしまったような心境ですけれども、軽やかに進めて行きたいと思います。  さて、ではなぜ後篇が早くもヘビーでハードな感じになってしまったかと言いますと、日本三大秘境 椎葉村 道教ツアー 中篇でも匂わせておりましたように、椎葉村と平家物語と吉川 英治とに密接な繋がりがあったことを知り『新

スキ
16

日本三大秘境 椎葉村 道教ツアー 後篇②

1.近況報告(2023年師走〜24年初) 道教ツアー篇、ついにここに完結!本当に完結編です。  この秋に実施したツアーのレポートが、2024年も1月が半分を過ぎようという頃、ようやく、完成しようとしています(まだ3行しか書いてないけど)。いやぁ、しかし師走とはよく言ったもので、この1か月のうちに当然ながら忘年会のお約束が数件、講義を持たせていただいている北九州市立大学・大学院(ビジネススクール)の講義も佳境に入り、そこに突如組み込まれる出張が4回。  このうち一回はMC後

スキ
17

協力隊活動日記

椎葉村地域おこし協力隊メンバーが、日々の活動のレポートや椎葉村について勉強した内容を書き連ねます。

すべて見る

【現役協力隊ミッション紹介】秘境のインタープリター~椎葉の魅力を翻訳します~

日本三大秘境の椎葉村で、地域おこし協力隊はどんなことをしているんだろう? 「秘境」って、とても惹かれる言葉だけれど、同時に不安にもなりますよね。 お問合せでも「椎葉の隊員はどんな人がどんな事をやっているの?」と良く聞かれます。 椎葉の特徴は、ミッションがとてもユニークで、OBOGとの連携もあり、とても賑やか。 そんな椎葉村の魅力ある隊員達を紹介し、少しでも椎葉村地域おこし協力隊に興味を持っていただけたらと、隊員インタビューをシリーズとしてご紹介します。 今回お話を伺った

スキ
4

【現役協力隊ミッション紹介】移住コンシェルジュ~皆様のお越しをお待ちしております~

日本三大秘境の椎葉村で、地域おこし協力隊はどんなことをしているんだろう? 「秘境」って、とても惹かれる言葉だけれど、同時に不安にもなりますよね。 お問合せでも「椎葉の隊員はどんな人がどんな事をやっているの?」と良く聞かれます。 椎葉の特徴は、ミッションがとてもユニークで、OBOGとの連携もあり、とても賑やか。 そんな椎葉村の魅力ある隊員達を紹介し、少しでも椎葉村地域おこし協力隊に興味を持っていただけたらと、隊員インタビューをシリーズとしてご紹介します。 今回お話を伺った

スキ
17

【協力隊活動日記】地域おこし協力隊インターン

 地域おこし協力隊にはインターン制度があり、2週間以上3カ月以内で椎葉村に滞在することが可能です。インターンをすることによって、椎葉村へ地域おこし協力隊として移住することを考えている人が、椎葉村の雰囲気が自分に合うかを確認したり、業務内容が自分の求めていることに近いのかを確かめたりすることができます。  そんなインターン制度を活用して、2023年12月に4人の方が椎葉村に滞在されました。  インターン期間終了後にはレポートという形で、インターンで行ったことを整理して報告し

スキ
6

【協力隊活動日記】鞍岡大好き女子会

 筆者は「日本で最も美しい村」連合アンバサダーを拝命しておりますが、その「日本で最も美しい村」連合の活動拡大のために、近隣町村と連携をして何か取り組みをしていけないかと考えています。  その第一歩として、椎葉村のお隣の五ケ瀬町鞍岡で活動されている「鞍岡大好き女子会」さんに視察に行ってきました。  鞍岡大好き女子会さんは2017年11月に発足された会で、五ケ瀬町の鞍岡地区に住む女性の皆さんがゆるく参加されている組織です。  そんな鞍岡大好き女子会さんの定例会にお邪魔したの

スキ
2

椎葉村情報誌「ONLY ONE Shiiba」

椎葉村の人と暮らしを伝える情報誌「ONLY ONE Shiiba」のウェブ版記事や、冊子バックナンバーのお申し込みはこちらです。

すべて見る

今年の焼畑

八月十六日、 勝さんの山では、今年も変わることなく焼畑がおこなわれました。 世界にさまざまなことが起こっても、起こらなくても、ずっと続けられてきた営み。 今年の煙、クニ子おばあは空の上から見てくれたことでしょう。

スキ
2

不土野のほうれん草

 ほうれん草が育つほど、椎葉の夏は涼しい。標高約650メートルの不土野地区に、那須貴文さんのほうれん草ハウスがあります。  栽培するのは五月から十月の半ば頃まで。種まきから収穫のおよそ四十日を一サイクルとし、それを半年間繰り返していきます。  空が明るみ始める朝六時には、収穫が始まります。ハウス一面にぎっしりと生える青々としたほうれん草。このシャキッと元気な状態を保ち続ける裏には、ほうれん草農家の丁寧な手仕事があります。  奥さんの尚美さんが行うのは、出荷の調整作業。下葉

スキ
10

矢立高原フェスティバル

 こちらは熊本県境に位置する大河内の矢立高原キャンプ場。久々の矢立高原フェスティバルの開催とあって、椎葉村中からお客さんが集いました。  この祭りの名物は宮崎牛のバーベキュー。入場券がお肉の引換券になっているのですが、この日は完売するほどの集客だったそう。  「今年は道も悪いし、お客さんがどれだけ来てくれるだろう」と主催の『大河内やる気会』の皆さんは少々心配だったそうですが、なんのなんの、蓋を開けると大盛況。竹灯篭づくりに歌謡ショー、親子ダンス、一等賞は大型テレビのお楽しみ

川おだやかに

 尾向渓谷まつりは、早朝からの釣り大会と午後のエノハ(ヤマメ)のつかみ取り、そして出店とステージで賑わう夜の部と盛りだくさんのお祭り。  今年は残念ながら台風の影響で釣り大会は中止になったけれど、子どもたち(とその親)のお目当てのつかみ取りは大盛況のうちに開催されました。  川を仕切って作った池には何百尾というエノハが放流されていて、初めはおっかなびっくりでその中に飛び込んでいく子どもたちを、実行委員のお父さんたちは、堤の上から優しく見守ります。  自分達がかつて河童のよ

スキ
1

椎葉の「求人」

椎葉村の求人情報をお知らせします!

すべて見る
  • 11本

令和6年度地域おこし協力隊募集オンライン説明会を開催します

椎葉村では令和6年度4月採用の地域おこし協力隊を募集します。 椎葉村の地域おこし協力隊は「ミッション型」と言われるもので、村の中で需要が大きく、地域おこし協力隊卒業後も継続して仕事になりそうなものを「ミッション」として募集しています。 この「ミッション」と応募者様のやりたいことが重なれば、やりたいことのみに集中できる3年間の任期になると思います。 各ミッションの内容については、SMOUTに掲載予定のそれぞれの募集記事をご覧ください。 少しでも興味を持たれた方は、ぜひオ

スキ
3

【地域おこし協力隊】秘境de農業のパンフレットができました!

椎葉村地域おこし協力隊のミッションの1つに『秘境de農業』があります。椎葉という山あいの高冷地では、ビニールハウスで育てるミニトマトやホウレンソウ、花き栽培が盛んです。 『秘境de農業』では、協力隊の任期3年間のうちに指導農家さんのもとで研修を受けながら、任期終了後の新規就農に向けて、椎葉村役場の農林振興課のバックアップのもと活動していきます。 やる気があれば未経験でも大丈夫。ゼロからでも就農を目指せる設備や制度が整っています。興味のある方はぜひ下記のパンフレットをご覧く

スキ
10

【YAMAP×椎葉村】求ム、YAMAPひげ隊長の弟子。秘境のインタープリター募集!

**このミッションの募集は終了しました** 1.秘境のインタープリター*とは1)株式会社ヤマップ*専属ガイドの「ひげ隊長」から指導を受けて1人前のインタープリターになり 2)椎葉村内でアウトドアアクティビティの開発にチャレンジする 椎葉村地域おこし協力隊のミッションです。 開発するアクティビティはあなたの個性やスキルに応じて、好きなジャンルにチャレンジすることができます。 【想定しているアウトドアアクティビティ】 九州脊梁山脈・・・ハイキング、トレイルランニング 小丸

スキ
16

【地域おこし協力隊】’蜂’から’∞’を生む番人

  椎葉村は96%が森林であり、その広大な森林を活かして、趣味の一環で養蜂を楽しまれている方が多く、多様な木々の花での日本ミツバチの採蜜により「百花蜜」として販売などもされています。  山深い森林公園をミツバチの楽園として百花蜜の木々の植栽や管理をしながら、巣箱を設置して養蜂を行い、販売や加工品の開発などでの活用を含めた地域活性化に地域おこし協力隊として取り組むミッションです。 募集内容の詳細は、移住情報サイト「SMOUT」でもご紹介しています。 https://smout

スキ
9