ダム湖に浮かぶ
見出し画像

ダム湖に浮かぶ

世界に一つだけの椎葉 椎葉村公式note

 太陽が穏やかに地上の全てのものを照らし、ぽかぽかと気持ちのよい12月のある日、『ダム湖探検クルージング』が行われました。参加者は3隻の船に分乗して湖面の人となります。

画像1

 水上から眺める風景は、普段車で道路を走る時のそれとは全く違います。道路下の山肌が剥き出しの斜面や、終わりを迎える紅葉や、上空を悠々と飛ぶ鳥たち、全てが上に見えるのですから。下にあるのは、薄いボートの底とその下の緑色に透き通った水だけ。

画像2

 特に、『日本初の大規模アーチ式ダム』の巨大な堰堤えんていの上流側を正面から見られるのはこの機会だけ。これはダムマニアにはきっと萌えポイントなのでしょう。

画像3

 「あの斜面の穴はなんだろう?」
 「昔の炭焼きの穴かな?」
 「ダムができる前はあの辺りに小学校があって・・・」
 3人の船頭さんに質問したり、解説を聞いたり。1時間の周遊は穏やかに過ぎていきました。

 光に包まれた気持ち良いクルージング。次に開催される時には是非、皆さんも。

画像4


冊子バックナンバーをご希望の方は、こちらからどうぞ。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
世界に一つだけの椎葉 椎葉村公式note
日本三大秘境の一つ、宮崎県椎葉村(しいばそん)の公式noteです。