マガジンのカバー画像

椎葉村情報誌「ONLY ONE Shiiba」

20
椎葉村の人と暮らしを伝える情報誌「ONLY ONE Shiiba」のウェブ版記事や、冊子バックナンバーのお申し込みはこちらです。
運営しているクリエイター

2022年1月の記事一覧

ONLY ONE Shiibaバックナンバーお送りします。

シシ狩り

 犬たちは、林の中に分け入って、「どこか遠くへ行ってしまったか?」と不安になった頃、ガサガサと音を立てて1頭、また1頭と猟師の元に帰ってくる。  「この山に必ず獲物がいる。」猟師の確信を裏付けるように、しばらく付かず離れず山道を進んでいた犬たちは、猪の気配を嗅ぎつけたのか一斉に獣道へと走り込んでいった。  向山日当、椎葉博さんのシシ狩りに同行する。猟師単独での吠え止め猟。数頭の犬が猪を取り囲み、吠え、1箇所に止めているところを猟師が銃で仕留める猟だ。  犬たちは、猪や鹿

目を凝らして

よくよく見ると・・・ きつね です。 椎葉でも、なかなか出会えない すばしっこい動物。 あわててカメラを構えたけれど、 この始末。 空にゆるりと輪を描くのは どこでも見られる鳥ですが 椎葉のトンビは精悍で男前。 タカと見紛うほどのカッコ良さ。 街場のトンビみたいに 油揚げをさらったりして のんきな生活を送っていないのでしょう。 油揚げ? きつねうどん? あ、つながった。 ひとりニンマリしながら車を走らせた 日本晴れの一日。 冊子バックナンバーをご希望の方は、こちらから

ダム湖に浮かぶ

 太陽が穏やかに地上の全てのものを照らし、ぽかぽかと気持ちのよい12月のある日、『ダム湖探検クルージング』が行われました。参加者は3隻の船に分乗して湖面の人となります。  水上から眺める風景は、普段車で道路を走る時のそれとは全く違います。道路下の山肌が剥き出しの斜面や、終わりを迎える紅葉や、上空を悠々と飛ぶ鳥たち、全てが上に見えるのですから。下にあるのは、薄いボートの底とその下の緑色に透き通った水だけ。  特に、『日本初の大規模アーチ式ダム』の巨大な堰堤の上流側を正面から

おかあさんのおかげで おなかも、心も、まんぷくです。 ➖森の民宿 龍神間➖

 上椎葉からダム湖沿いの道を20分ほど走ると、その宿はあります。小窓のついた三角の屋根がかわいいログハウス。石垣と木々に囲まれた、まさに森の民宿。  迎えてくれるのは椎葉喜久子さん。村では有名な料理上手なおかあさんです。  炭火が暖かい囲炉裏を前にしていただく夕食の多彩さといったら・・ ・栗の渋皮煮 ・むかご ・ワカサギの天ぷら ・猪肉の炊き込み寿司 ・にしめ ・こんにゃくの刺身 ・エノハの塩焼き ・春菊の和物 ・しいたけ南蛮 ・たけのこのきんぴら ・山芋のとろろ ・はす

神楽の継承

風薫る椎葉里歩き 第6回  ONLY ONE エディター 中川薫  椎葉に、神楽の季節がやってきました。  ここは尾手納。近年新型コロナウイルスの影響などもあり、今年は3年ぶりの神楽の奉納となりました。  尾手納神楽の目玉は、何と言ってもこの太夫舞。「椎葉の中でも尾手納の太夫舞はすごい。迫力が違うもの。」そう言う人もいるほどです。  椎葉信男さんは、世襲制のこの演目を40年前に父親から受け継ぎ、今日まで舞い続けてきました。  午前1時。焼酎の酔いも手伝って、迎えたこの日

そまかり かてーり

※ 椎葉ではソバ刈りのことを「そまかり」とも言います。  真っ白でかわいい花を一面に咲かせた後、緑の実が段々茶色くなってきたら、ソバ刈りの合図。  この日栂尾の畑では喜代子さん、トヨ子さん、ヒデ子さんが近所の若い人のソバ刈りを手伝って「かてーり」です。  朝、畑へ出発前に、カズラで紐づくり。カズラは葛の蔓のこと。最近では既製品の紐を使うことも多いのですが、近くに幾らでもあるカズラを採ってきて、ちょうど良い太さに割くと、立派な紐ができます。これでソバを束ねておくと、掛け干し